コーヒーに囲まれて仕事がしたいなら資格を取ろう

種類と仕事内容

ウェイトレス

コーヒーとは、コーヒーの実を炒って粉にし、お湯で抽出した飲み物になります。世界中で飲まれており、コーヒーに関する資格も様々なものがあります。コーヒーに関する資格として思い浮かぶのは、エスプレッソをはじめとした飲み物を入れるバリスタだと思います。しかし、それ以外にも様々な種類があり、特徴も異なってきます。アドバイザーの資格は歴史や産地といった基礎知識からラテアートのテクニックに至るまで、様々な分野を学んでいきます。マイスターは豆から焙煎、抽出までを徹底的にこだわり抜いたコーヒーを入れることを目的としています。コーディネーターはコーヒーだけではなく、カフェフードまで含めた総合的な知識を得ることが特徴です。他にも種類があるため、自分の目的にあった資格を取ることができます。

資格を取るほど好き、というコーヒー好きな人もいると思います。コーヒーには、脂肪を燃焼させてダイエットする効果や運動の一時間前に飲めば集中力を高めて筋肉痛を和らげる効果などが期待できます。リラックス効果を得ることができ、肝臓にも良い、二日酔いを改善したり、糖尿病の発症率を下げるなどの作用もあるとされています。様々な健康効果のある飲み物ですが、飲む量や飲み方を間違うと健康の害になってしまうこともあるため注意が必要です。注意点としては、飲みすぎると脂肪を蓄積してしまったり、鉄分が吸収されにくくなり貧血を起こしやすくする、口臭がひどくなったり、夜眠れなくなったりします。これらを避けるためには、午後は飲まずに午前中に飲むようにして、深煎りではなく浅煎りの種類で、砂糖を少なめにした3〜4杯程度が適量です。

男の人

職人への道

料理人の道を目指して専門学校に入る時は、各校の強みを調べておきましょう。食品衛生の勉強に強い学校や、留学しやすい学校があります。専門学校は社会人でも入学できます。仕事と学業を両立したい方は通信で学べる専門学校を選んでみましょう。

女性

お客さんの笑顔のために

調理師は料理を作ってたくさんの人に喜んでもらうのが仕事で、飲食店に就職する人から開業して店を持つ人まで働き方はさまざまです。ちなみに、調理師免許を取るためには試験に合格する必要がありますが、専門学校を卒業すれば無試験で習得できます。

バリスタ

くつろぎのひととき

将来カフェ、喫茶店を開業したいと思っている人や、コーヒーのスペシャリストを目指す人、特にバリスタになるのは資格は必須ではないようですが、取得しておいて損はない資格だと思いますので、挑戦してみては如何でしょうか。