コーヒーに囲まれて仕事がしたいなら資格を取ろう

  1. ホーム
  2. くつろぎのひととき

くつろぎのひととき

バリスタ

プロの仕事

皆さんバリスタという仕事を知っていますでしょうか。バリスタとは、イタリア語で「barista」が由来となっており、バーのカウンターで、お客様の注文を受けてエスプレッソなど、コーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人をいいます。コーヒーの幅広い知識と技術があり、お客様へくつろぎのひとときを演出するコーヒーのスペシャリストと接客のスペシャリストのことでしょうか。最近ではバリスタという職業も幅広く知られている中、現在第1戦で活動している人でも自分のスキルアップのために、資格を取得する人もいるようです。バリスタになるために絶対に資格が必要ということではないようなのですが、資格を持っていることで、お客様からの信頼感や、おいしいコーヒーを提供できるという自信にもなります。

武器になる

やはり資格があるということは、お客様に対し「それだけの腕をもっている」というアピールになります。国家資格ではないですが、業界では名が知れている民間の協会が保証する専門的な知識、高い技術力をもっている事実は、他店と差をつける1つの武器になるのではないでしょうか。客観的に見ても資格を持っている店と、持っていない店では、持っている店の方がおいしいコーヒーを提供してくれる、楽しいひとときを過ごさせて頂けると思うのではないでしょうか。また「ジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)」という日本一を決める大会が開催されていますので、バリスタを目指すならぜひ日本一に挑戦してみたいですね。また世界では「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」という世界大会も開催されており、日本の方も好成績を残されているようです。