コーヒーに囲まれて仕事がしたいなら資格を取ろう

  1. ホーム
  2. お客さんの笑顔のために

お客さんの笑顔のために

女性

美味しい料理を提供する

調理師は料理を作るのが仕事ですが、活躍の場はレストランなどの飲食店から、学校の給食センターまで多岐にわたります。どの場所にも共通しているのは美味しい料理を提供する点で、調理師には食材の特徴から最適な調理方法まで、さまざまな知識が求められます。調理師として働く魅力は、自分の料理を通してたくさんの人に喜んでもらえることで、お客さんの「美味しい」という言葉はほかの何にも代えがたい宝物です。さらに、口にするお客さんごとに好みが違うため、気分等に合わせながらぴったりの料理を作れるかも調理師の腕の見せ所です。また、働き方のバリエーションが豊富なのも調理師の特徴で、飲食店に就職する人もいれば、開業して自分の店を始める人もいます。

試験を受けずに習得できる

調理師免許を習得するためには専門学校に通う方法と、二年以上の実務経験を積んだ上で資格試験に合格する方法のふたつがあります。両者の最大の違いは国家試験を受けるか否かで、専門学校の方は所定の単位をそろえて卒業すれば自動的に調理師免許が授与されます。専門学校は無試験で調理師免許を取得でき、当然資格試験の対策をする必要がないですから、その分だけ料理の勉強に専念できると言えます。また、専門学校の強みは技術の習得に集中できる点で、失敗しても先生が分かりやすく修正方法を教えてくれます。実際の店舗で実務経験を積む場合、お客さんに出すものを作るわけですから、基本的にミスは許されません。失敗を繰り返すなかで成長するのを考慮すると、専門学校で調理師免許の取得を目指すのがおすすめです。